イメージ画像

当たり馬券予想

当たり馬券を予想するには大変な労力を要します。

さまざまなデータを照らし合わせながら分析し、その傾向などから予想を立てていきます。この作業を自動的にしてくれるのソフトウエアがあります。決められた条件を入力すると、自動で買い目を予想してくれるのです。今まで手作業だった集計や解析を自動的にしてもらえるので、とても楽になるでしょう。このようなソフトはインターネット上でダウンロード出来る物が多く、大変数多くのソフトウェアが存在します。星の数ほどもあるサイトから良質なソフトウェアを探し出す、と言う事はとても難しいと言えるでしょう。また料金に関しても、無料でダウンロードできるフリーソフトから、1万円程度のもの、さらには10万円を超えるソフトも存在します。

馬券を予想するには「流れ」を読まなくてはなりません。この流れが、出走馬の着順予想に大きく影響します。大抵の場合、この流れ通りの着順で決まる多いでしょう。その流れや傾向というものを高速で分析し、あっという間に買い目予想を立ててくれるのが馬券予想ソフトなのです。ご紹介したとおり、無料のものからなかなか手が出せない高価なものまで存在しますが、これらの性能の違いを見てみましょう。

操作性の面から見ると、低価格のものも高価格な馬券予想ソフトも価格によっての違いは少ないようです。では機能的にみるとどうでしょう。低価格や無料のソフトでは、多少の手助けになったとしても大抵がアバウトな予想結果となることが多いようです。しかし高価な、何十万とするソフトの方は安価なソフトにある基本的な機能に加え、ピンポイントで買い目予想を立ててくれる機能などがあり、機能豊富になっているようです。

流れ通りに行けば、高価なソフトはもちろん、安価なソフトが出してくれた予想は当たることが多いでしょう。流れどおりであれば、結構な数を当てることが出来ると思われます。しかし、競馬は必ずしも流れ通りとは限りません。波乱は付き物です。高いソフトを買ったとしても、必ず毎回、その予想通りにいくとは限らないのです。もしソフトを試したいのであれば無料のソフトや、比較的安いソフトから試してみるのがいいのではないでしょうか。

このページの先頭へ